コラーゲンと血管

【スポンサードリンク】

血管はコラーゲンでできたチューブの様なものです。ですから血管内部のコラーゲンの新陳代謝が滞ると、血管は柔軟性と弾力性を失ってしまうのです。
コラーゲンが血管を機能させるために架橋を架けて血管を強化する事で破裂する事は免れる様ですが、その代わりに血圧が上がり、様々な病気を誘発する事になってしまいます。
高血圧が原因とされる病気には、くも膜下出血や、動脈瘤などがありますが、こうした病気を予防する為にもコラーゲンをたっぷり摂取し、血管を柔軟にして血圧を上げないようにする事が大切なのです。
血管に新鮮なコラーゲンを補給する事が出来れば血管は柔軟性を取り戻し、ゴムのチューブの様に膨らんで血圧も安定させる事ができます。
健康の基本は血管を若々しく保つ事でありその為には、新鮮なコラーゲンの補給を欠かさない事が大変重要な事だと言えるでしょう。

edit

【スポンサードリンク】