コラーゲンと細胞

【スポンサードリンク】

人間の体内にある細胞はコラーゲンの上に誕生し成長していきます。
たくさんのビタミンや栄養分などを摂取し、それをしっかりと吸収するためにはコラーゲンが豊かでなければなりません。細胞は、本来持っている能力を十分に発揮する事が出来ないのです。
コラーゲンの新陳代謝が活発だと、それを足場にする細胞もイキイキと活動できて病気等も寄せ付けにくし、また、治癒力の旺盛な身体に近づく事が出来るのです。例えばちょっとした怪我をしてしまった場合、消毒をして絆創膏を貼っておく程度で治ってしまいますが、この時にコラーゲンは大きな力を貸してくれているのです。怪我をして皮膚が裂けるとその部分の線維芽細胞がすぐに活動し始め、コラーゲンを生成し、そのコラーゲンを使って組織の細胞が活発に分裂や増殖を繰り返します。そして、損傷した組織は新しく生まれたコラーゲンと細胞によって再生され傷口がふさがっていくと言う事なのです。
つまり、傷の治りが早い人と言うのはコラーゲンの新陳代謝が良い人と言う事になるでしょう。傷の治りを早くするためにも普段からコラーゲンを積極的に摂取する事をお勧めします。

edit

【スポンサードリンク】