コラーゲン低下の年齢

【スポンサードリンク】

人は25歳頃を境に肌の機能が低下し、(コラーゲン低下)コラーゲンの新陳代謝が衰えてきてしまいます。
その結果コラーゲン不足を補おうと老化架橋が出現し、肌の水分が失われ表皮の所々に陥没が現れシワができてきます。
また、髪の毛と同様に爪は皮膚細胞が角質化してケラチンと言う硬い線維タンパク質になったものですが、これも元々は皮膚ですからコラーゲンをたくさん摂取して表皮細胞を活性化する事により健康でツヤツヤとした爪になります。
健康な爪の色は透明度が高く薄いピンク色をしていますがコラーゲンが不足してくると白濁してきます。(この時、他に病気がかくれている場合もある様ですから注意して下さい。)
コラーゲン低下年齢を過ぎたら意識して食事などにコラーゲンを取り入れていく事が、美肌や健康を保つ秘訣となるのではないでしょうか。

edit

【スポンサードリンク】