コラーゲンでシワ・タルミと戦う

【スポンサードリンク】

コラーゲンは食事で摂取したアミノ酸を材料にして体内合成され、古くなった物は分解されます。
この様な新陳代謝によって私達の身体は健康で若々しくいられるのですが、加齢などにより新陳代謝が衰えてくるとコラーゲンの生産量が減ってしまい古いコラーゲンは束になって強度を強めていきます。これを架橋と言いますが、これはコラーゲン不足の状態を切り抜けようとする時に起こるもので「老化架橋」と言われています。架橋はコラーゲンに強度を与えるための重要な役割を果たしていますが、その反面、肌の大敵であるシワやタルミを作ってしまうものでもあるのです。
架橋は、コラーゲンの生産が不足した場合に対処する為の身体の防衛策なのですが、肌からは水分が失われ表皮の所々に陥没が生じてしまい、その結果シワやタルミになってしまうのです。若い人の肌には、シワやタルミが見られないのは、コラーゲンの量が多いと言う事もありますが、加齢と共に増えていく老化架橋が少ないと言う理由もあります。ですから、コラーゲンをたくさん摂取する事によって老化架橋を作らずにいられる様になり、シワやタルミもそれ程出来にくくなってくるのです。

edit

【スポンサードリンク】