日焼けにコラーゲン

【スポンサードリンク】

強い太陽光線にさらされると、紫外線の害から肌を守るためにたくさんのメラニン色素が作られ、これが日焼けによるって肌が黒くなる原因なのです。
このメラニン色素は用がなくなると他の皮膚細胞と共に角質層となってはがれ落ちてしまうのが普通なのですが、真皮層のコラーゲンが足りなくなって老化架橋がたくさん出来てしまっている場合には、メラニン合成のコントロールが利かなくなり、不要のメラニン色素を外に送り出す事が困難になってしまいます。(ターンオーバーが順調に働いていないと言う事です。)こうして肌の内部に溜まってしまったメラニン色素がシミとなって肌に残ってしまうのです。

ですから、老化架橋をできるだけ作らないために、日頃からコラーゲンの摂取を心がける事が大変重要なのです。また、日焼け止めや、日傘を利用したり、紫外線の強い時間帯には出来るだけ外出しないなどの予防策をとる事も大切です。

edit

【スポンサードリンク】