骨粗しょう症

【スポンサードリンク】

骨には硬骨と軟骨があり硬骨は背骨や大腿骨などの太くてかたい骨の事を言い、軟骨は硬骨の先端を保護する柔らかい骨の事を言います。
硬骨のほとんどはカルシウムやリンからできていますが、骨からそれらを抜き取ってしまうと、その9割はコラーゲン線維で占められこれは骨に強い弾力を与えてくれているのです。
骨粗しょう症と言う病気は骨がもろくなり、少しの刺激でおれやすくなってしまいますが、この原因はカルシウムが減少してしまうと言われていますが、更なる原因として、コラーゲンが古くなって隙間ができカルシウムやリンが離れてしまい骨に「す」が入った様になってしまと言う所にあるのです。
ですから、強いしっかりとした骨を作るためにはカルシウムと共にコラーゲンを積極的に摂取する事が大変重要なのです。

また、軟骨は骨と骨が接する関節部分に多く存在しますがその半分はコラーゲンでできており、水分を豊富に含んでいるのです。この軟骨はクッションの役割をして衝撃を吸収してくれているので、私達がどんなに激しく動き回っても痛みや衝撃を感じる事がないのです。しかし、コラーゲンが不足して軟骨が磨り減ってしまった場合には、その衝撃が激しい痛みとなって現れてきます。
この様にコラーゲンは私達の身体の中でなくてはならない存在であり、積極的に摂取しなければならない物質なのです。

edit

【スポンサードリンク】