歯周病にコラーゲン

【スポンサードリンク】

コラーゲンが肌や髪に効果的に働いてくれると言う事はわりと多くの人に知られているのですが、歯や歯茎にも効果的な働きをしてくれると言う事はあまり知られていません。
歯や歯茎はその構造が骨に良く似ていてコラーゲン線維が強さを支えているのです。歯茎と言うのは、もともとコラーゲンが多く成分の60%がコラーゲンとも言われ、その歯茎が歯周病原因菌によって炎症を起こすとコラーゲン分解酵素が大量に発生し、歯茎のコラーゲンが溶かされてしまいます。
つまりコラーゲンの減少こそが歯周病の原因なのです。
ですから、毎日丁寧に歯磨きしてブラッシングし、コラーゲンを多く摂取する事で歯周病原因菌の活動を抑制する事は十分に可能だと言う事です。歯周病を予防するためにもコラーゲンを多く摂取する事をお勧めします。

edit

【スポンサードリンク】