コラーゲンで若々しい血管

【スポンサードリンク】

血管はコラーゲンでできたチューブの様なものですから、血管内部のコラーゲンの新陳代謝が滞ると古くなって弾力をなくしたコラーゲンが血管を機能させる為に働きます。
それは、老化したコラーゲンが架橋を架けて血管を強化すると言う事で、それによって血管は破裂する事を免れます。しかし、柔軟性や弾力性を失い、血圧が上がってしまう(高血圧)という事が起こってしまいます。
高血圧が原因とされる恐ろしい病気はくも膜下出血や脳動脈瘤など色々とありますが、これらの恐ろしい病気を予防する為にもコラーゲンをたくさん摂取し血管を柔軟に保ち血圧を上げない様に努力する事が大切なのです。
血管にコラーゲンを補給する事が出来れば、血管は柔軟性を取り戻し、ゴムのチューブの様に膨らんで血圧を下げる事にも効果を発揮してくれます。また、血管に弾力がなくなってくると動脈硬化の原因にもつながり脳梗塞や心筋梗塞を引き起こす原因にもなると言われ、それらを予防する為にも柔軟性のある柔らかい血管を保つ事が大変重要になります。
コラーゲンが豊富に含まれている血管を持っている人は、脳梗塞や心筋梗塞になりにくいとも言われていますので、日頃から意識して新鮮なコラーゲンを摂取する事が重要なのです。

edit

【スポンサードリンク】