血管のコラーゲン不足

【スポンサードリンク】

人の身体には、血管が張り巡らされていますが、その血管内のコラーゲンがなくなってしまった場合に、身体は致命的と言っても良い程のダメージを受けてしまいます。それは、少しのケガでも出血が止まらなくなってしまうのです。
極端な例ですが、体内の血管のコラーゲンが不足してしまうと毛細血管などもボロボロになってしまい、体内のいたる所から出血し最後には命を落としてしまう事もある様です。これは壊血病と言われますが、ビタミンCが不足し、体内でコラーゲンンの生成が出来なくなった場合に起こります。
体内でコラーゲンを生成する時にはプロリルヒドロキシラーゼと言う酵素の力が必要でこれはビタミンCが不足すると機能してくれないのです。
ですから、ビタミンCが不足すると体内でコラーゲンの生成と保持ができずに毛細血管までもボロボロになってしまうと言う訳です。コラーゲンのサプリメントなどにビタミンCが配合されている場合が多いのはこのプロリルヒドロキシラーゼと言う酵素によってコラーゲンの生成を促進させる事が大きな理由なのです。

edit

【スポンサードリンク】