傷にはコラーゲン

【スポンサードリンク】

コラーゲンは傷の治りを助けてくれる働きもある様です。ケガをして皮膚が裂けると、その部分の線維芽細胞(コラーゲンを生成する細胞)はすぐに活動を始め、コラーゲンを生成しはじめます。
そうすると組織の細胞がコラーゲンを使って活発に分裂や増殖をしはじめ、そこに毛細血管伸びてきて細胞に酸素や栄養を与えて損傷した組織が再生し、傷口がふさがって行くのです。
この事からもわかる様に、傷の治りの早い人と言うのは、コラーゲンの新陳代謝が早く活発な人なのです。
傷の治癒力を高める為にも常に積極的にコラーゲンを摂取する事をお勧めします。コラーゲンには再生機能があると言われています。

edit

【スポンサードリンク】