コレステロールにコラーゲン

【スポンサードリンク】

コレステロールは人間の身体の隅々まで運ばれ、細胞を作り出す大切なものです。
肝臓で作られたコレステロールをそれぞれの細胞に運んで行く役割をLDLコレステロール(悪玉)と呼び、各組織で余分になってしまったコレステロールを肝臓に運ぶ役割をHDLコレステロール(善玉)と呼びます。
どちらのコレステロールも身体の中で役割がありなくてはならないものなのですが、バランスが崩れてしまい、LDLが増えすぎてしまった時に、コレステロールが血管壁に溜まりやすくなってしまいます。
コレステロールを必要以上に体内に蓄えない様にする為には、普段からの食生活に注意する事が大切であり青魚や大豆製品、ビタミンC、ビタミンEなどを多く含んだ食品を積極的に食事に取り入れて行く事が重要なのですが、この様な食品に加えて、コラーゲンをたくさん摂取して血管を老化させない様に注意する事も忘れてはいけないのです。特に更年期を過ぎた女性はホルモンのバランスの乱れから、急激にコレステロール値が上昇しやすくなるので注意して下さい。

edit

【スポンサードリンク】