病気とコラーゲン

【スポンサードリンク】

私達の身体の中には抗体と言うものがあり体内に入ってきた、細菌やウィルスに対して即座に攻撃をして、この外敵から守ってくれています。ですから、私達は健康に生活して行く事ができるのです。
つまり、病気は薬や注射で治るのではなく身体の免疫システムが治してくれるものであり、薬や注射はその免疫システムを援助してくれるものだと言う事なのです。
病気は細胞の死や外的からの攻撃から始まり、その結果として組織や器官の一部に損傷が起こり、体内で問題を起こすのです。
侵入して来た外敵や死んだ細胞を免疫システムや薬、注射で破壊し排除する事が病気を治すと言う事なのですが、その後体内で新しい細胞の再生に大きな力を発揮してくれるのが、コラーゲンなのです。それに加え、コラーゲンは免疫系のリンパ球やマクロファージを生成する骨髄を作り、再生する事が仕事なので、骨のコラーゲン不足は免疫系にも大きな悪影響を及ぼしてしまうのです。

edit

【スポンサードリンク】