骨のコラーゲン不足

【スポンサードリンク】

身体の中の免疫力であるリンパ球やマクロファージは全て骨髄の中から生まれます。骨髄には造血機能がありそこには、造血幹細胞があります。そして、その骨髄を作り再生するのはコラーゲンの仕事なのです。
ですから、コラーゲンが不足すると自然と免疫系にも悪影響が起こってきてしまいます。また、マクロファージは身体の中に異物が侵入した場合にその情報をリンパ球に伝えるセンサーの様なものを持っているのですが、このセンサーにコラーゲンが使われるのです。従って、コラーゲンが不足してしまうとこの伝達がスムーズに行かずに免疫力が落ちてしまうとも言われています。ですから、日常生活の中で意識的にコラーゲンの摂取を心がける事が望ましいと言えるでしょう。

edit

【スポンサードリンク】