コラーゲンで免疫力をつける

【スポンサードリンク】

コラーゲンには細胞同士の情報を伝達すると言う役割があり、そのスピードや内容は大変素晴らしい様です。
この時、コラーゲンは単独で働くのではなく細胞間マトリクスと呼ばれるパートナーと共同で作業し、ウィルスや細菌に勝つために免疫システムに大きく働きかけていると言われています。
免疫系が損なわれると免疫力が低下して様々な病気を引き起こしたり、傷の治りが悪くなってしまうと言う事は先にも述べましたが、それらを予防し健康な毎日を過ごすためには、コラーゲンの新陳代謝が大変重要なのです。ビタミンCを十分摂取するとコラーゲンの合成能力は高まります。
また、ビタミンCには活性酸素を積極的に取り除こうと言う性質もありますので、コラーゲンとビタミンCの両方を上手に生活に取り入れて行く事が、免疫力アップの鍵になるのではないでしょうか。

edit

【スポンサードリンク】