コラーゲンを豊富に含む食材

【スポンサードリンク】

私達が食べるコラーゲンはそのまま体内のコラーゲンになるのではなく、まず、アミノ酸に分解されてから新しいコラーゲンに再合成されます。
その為にも普段からコラーゲンを多く含む食品を積極的に摂取する事が大切です。

コラーゲンを多く含む食材は骨や、軟骨、皮、スジ、内臓ですが、これは調理に手間もかかり、
なかなか毎日のように食べる事は難しいのではないでしょうか。

一般的には鶏の手羽先や、豚足、牛スジ、ヒラメ、鯛、カレイ、ドジョウ、エイ、シラスなどがあげられます。
また、少々高価になりますが、フカヒレもコラーゲンの豊富な食材です。調理方法としては、魚を丸ごと煮ておくと、冷めてから煮こごりができます。
この煮こごりは魚の骨や皮にふくまれていたコラーゲンが熱で溶け出して、それが冷えて固まったものです。これは、昔からコラーゲンが豊富に含まれた料理として知られています。

その他に、貝類や、海老、ナマコ、クラゲにもコラーゲンは多く含まれていますので、
鍋物や洋風のブイヤベースなどもお勧めです。

鍋物には、コラーゲンが溶け出していますので汁を飲むと良いでしょう。
シチューやポトフなども煮込む事で肉が柔らかくなり、たくさんのコラーゲンを摂取する事の出来る料理です。
お好みに合わせて工夫してみてはいかがでしょうか。

edit

【スポンサードリンク】